病棟のご案内

第1病棟(認知症治療病棟 58床)

認知症の患者様に対して、認知症状の進行をさける為、生活機能訓練を行い、認知症に伴う行動・症状の軽減に努め、退院の支援を行ないます。

第2病棟(精神科一般病棟 68床(保護室5床含む))

統合失調症やうつ病など精神疾患の患者様の治療、リハビリを行い医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士・薬剤師等の多職種のチーム医療で治療や退院の支援を行っています。

作業療法について

精神疾患により生活に障害をもった方々に対し、集団力動を利用して他の人との関わりの中で、具体的・現実的な作業活動(創作活動や日常生活に関連するものまで)を実施します。そして、精神機能の向上、対人関係の改善、作業能力の改善などを図り、その人にとってより良い生活が送れるように指導、援助を行います。また、症状に応じて個別リハプログラムも実施しています。

作業プログラム内容は、曜日毎に違います。下記は内容の一例です。

・カラオケ
・クラフト陶芸
・ストレッチ
・調理訓練
・個別訓練(筋力訓練、ストレッチ、歩行訓練等)
・レクリエーション